2022年03月24日

【カモ旅】観光産業インフォメーション サイト移設のご案内

観光産業インフォメーションをご覧頂きまして、誠に有難う御座います。

3月24日より、社内運営システムの改善に伴い、掲載サイトを移動させて頂きます。

今後、新しい情報は、下記サイトでの掲載となります。

新掲載サイト カモ旅plus内:https://kamotabiplus.jp/tourism/
              
地域観光産業に関する情報配信強化に向け、対応進めて参りますので、引き続きご利用をお願い致します。
posted by カモインフォ at 09:36| Comment(0) | 情報

2022年03月23日

「DXの推進による観光・地域経済活性化実証事業」の公募

観光庁は、近年のデジタル市場の拡大を鑑み、観光分野におけるデジタル技術の導入やDXを推進しています。

近い将来訪れるSociety5.0時代に向け、複数技術と観光資源との掛け合わせによる体験価値向上や観光関連システムやデータの連携促進など、これまでにない観光コンテンツ及びエリアマネジメントを創出し、消費機会の拡大と消費額の増加を目指した取組を行っています。

今後、観光需要が急に増加する可能性があります。こうした需要を一過性で終わらせないためには、デジタル技術を活用して観光地経営の改善等を図るなど、ポストコロナを見据えた取組を推進する必要があります。

観光地経営の改善につながる新たなモデルを構築するために、デジタル技術を開発又は活用し、観光地として、[1]売上増加、[2]コスト削減、[3]再来訪率向上(リピート化)等による好循環な収益構造の実現を目指す提案を求めます。

1.募集内容について
公募要領」の1〜9頁を参照してください。
2.申請について
■申請書類の提出方法
 電子メールによる提出のみ。
■提出物
 ○事業概要説明書 Microsoft Power Point形式 1部
 ○様式1〜5を1つにまとめたMicrosoft Word形式 1部
■申請期限
 令和4年4月25日(月) 17:00(必着)

観光庁観光資源課新コンテンツ開発推進室

くわしくはこちらでご確認ください。


posted by カモインフォ at 13:41| 情報

2022年03月22日

「看板商品創出事業」の公募開始について案内

観光庁では、地域独自の観光資源を活用した地域の稼げる看板商品の創出を推進するため、「地域独自の観光資源を活用した地域の稼げる看板商品の創出事業」において、地域の関係者が連携して実施する地域ならではの観光資源を活用したコンテンツの造成から販路開拓まで一貫した支援を実施することとしています。

(1)公募受付期間
   令和4年3月30日(水)〜 4月15日(金)17:00締切厳守

(2)公募内容・方法
   ・詳細については、以下のポータルサイトにてご確認ください。
<地域独自の観光資源を活用した地域の稼げる看板商品の創出事業ポータルサイト>

【公募に関するお問い合わせ先】
「地域独自の観光資源を活用した地域の稼げる看板商品の創出事業」事務局
(株式会社JTB 霞が関事業部)
 電話:03-6837-1457
 受付時間:9:30〜17:30 土日祝を除く


posted by カモインフォ at 16:38| 補助金

2022年03月18日

「地域一体となった観光地の再生・観光サービスの高付加価値化」

3月18日、「地域一体となった観光地の再生・観光サービスの高付加価値化」専用サイトにて、下記公募要領等が発表されました。

「地域一体型」公募要領(初版)

「交通連携型」公募要領(初版)

掲載サイト:https://kankosaisei.net/

関係事業者の方は、ご確認をお願い致します。
posted by カモインフォ at 17:41| Comment(0) | 日記

千葉とく旅キャンペーン再開のお知らせ

宿泊施設の皆様

拝啓 陽春の候、貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。日頃は当社業務運営に関し、多大なるご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、先般ご協力を頂きました「千葉とく旅キャンペーン」の件ですが、千葉とく旅キャンペーン事務局より再開の連絡がありましたので、ご連絡いたしますとともに、再度販売開始をいたしますので、ご連絡致します。先般同様ご協力を頂きますようお願い申し上げます。

             記

1、販売期間 : 令和4324()428()まで

2、支援金額 : 110,000円以上(税・サービス料込)5,000

           16,000円以上、10,000円未満(税・サービス料込)3,000

           ※平日宿泊の場合クーポンを付与⇒2,000(1,000円券2枚)

            月曜日〜金曜日(祝祭日を除く) 

           クーポンの利用可能期間は利用者の旅行期間内とする。

3、利用対象者: 千葉県在住者(3/17現在の予定です)

           ※本人確認書類による利用者全員の居住地確認が必要です。

           ※利用者全員に対し、ワクチン・検査パッケージの活用(接種証明書等の    

            確認)が必要です。

           ※C/in時に利用者自筆の確認書の記入が必要です。

4、精算方法 :  お客様が利用になった支援金額は鴨川観光プラットフォーム(株)へご請求

            ください。宿泊料金から支援金額を差し引いた金額はお客様より受領くださ

            い。

5、その他   : 宿泊プランは前回提出頂いたプランを利用する予定ですが、新規プランに変

           更する場合やプラン内容(宿泊料金等)の変更がある場合は3/22()1030

           までにご連絡ください。前回参画されていない施設様で今回参画を希望する

           施設様も3/22までにプランを造成しご連絡ください。

           ※弊社の販売開始期日は3/24 1300より予定をしております。


この件に関するお問合せは以下までお願い致します。


 鴨川観光プラットフォーム株式会社  電話1(プッシュホン) 04-7093-2461fax04-7093-2462

              メールpf-office@kamotabi.co.jp担当:根本・近藤・石川

posted by カモインフォ at 15:15| Comment(0) | 情報

2022年03月16日

観光副読本「観光でまちを元気に!」

観光副読本「観光でまちを元気に!」 (日本観光振興協会)の改訂版ができました。

「次代を担う子どもたちが、観光の果たす役割について理解し、関心を持ち、日本各地の観光資源の魅力を自ら発信できる力を育む」(観光庁)ことを目的として、やさしく、わかりやすい解説になっています。また、持続可能な世界に対する意識と取り組みが社会的に強まるなか、新たにSDGsや探求型のワークスペースが盛り込まれています。



無料で配布されています。冊子をご希望の方はこちらから



posted by カモインフォ at 16:28| 観光

2022年03月14日

「地域一体となった観光地の再生・観光サービスの高付加価値化」Webサイト

「地域一体となった観光地の再生・観光サービスの高付加価値化」事業のWebサイトが開設されました。


ポストコロナに向けた観光地再生の取組を強力に支援
新型コロナウイルス感染症の拡大は、観光産業や観光地に大きな影響を及ぼしました。時代とともに変化するライフスタイルや価値観は、感染症拡大を契機としてさらに多様化し、団体旅行から個人旅行への転換、ワーケーション等の新たな旅のスタイルの普及など、旧来の観光地が対応しきれなかったニーズが生まれつつあります。本事業では、観光地がこの苦境を乗り越え、ポストコロナの反転攻勢につなげるための取組を強力に後押しします。



オンライン説明会
第 1 回
3月22日(火) 15:00〜15:45 予約登録
第 2 回
3月28日(月) 11:00〜11:45 予約登録
第 3 回
3月28日(月) 15:00〜15:45 予約登録

※後日、説明会の録画映像がWEBサイト上に公開されます。ご都合のつかない方はサイト上でご覧ください。







posted by カモインフォ at 16:32| 補助金

2022年03月09日

令和4年度「観光コンテンツ高付加価値化促進事業」(千葉県)

新型コロナウイルスにより激減した国内外の観光需要の回復を図るとともに、中長期的な観光需要の拡大を図るため、宿泊客の増加や観光消費額の拡大に資する計画的で継続性のある市町村域を越えた広域的な取組に対し、経費の一部を補助します。

1.補助対象事業
宿泊客の増加や観光消費額の増加に寄与する、以下のテーマに基づく、
新たな観光コンテンツの造成
既存の観光コンテンツの磨き上げ
等が対象になります。
※それらに付随するイベント、情報発信、プロモーション等も対象

テーマ
ナイト・モーニングタイムエコノミーの推進
スポーツツーリズム
河川・水辺の魅力を活用したツーリズム
食文化を活用したツーリズム
歴史、文化、芸術等の観光資源を活用したツーリズム

補助要件
市町村域を越えた広域的な取組であること。
継続性が見込まれる事業であり、将来的に行政からの補助金等に頼らず自走していくことが可能となる取組であること。
宿泊客の増加や観光消費額の拡大につながる取組であること。

補助対象者
市町村、観光関連団体(DMO、観光連盟、観光協会等)、民間事業者(会社、公益社団法人、NPO法人等)、その他知事が認める団体。
※民間事業者は、地域で観光まちづくりに取り組む観光関連業を営む個人・団体等

2.補助率等
対象経費の3分の2以内
※審査会を実施の上、予算の範囲内で補助金額を決定する予定です。令和4年度事業予算要求額、1億円。
※ハード経費は原則対象外。ただし、必要不可欠な場合に限り、2分の1以内上限1,000万円以内で補助します。
審査会で採択されると、最大1億円補助となります。


くわしくはこちら



posted by カモインフォ at 13:18| 補助金

2022年03月01日

観光庁事業 地域一体となった観光地の再生・観光サービスの高付加価値化に関して

「地域一体となった観光地の再生・観光サービスの高付加価値化」に関して、今年度、鴨川観光プラットフォームがDMO法人として主体となり、同種事業に市内16事業者様と参加し、国の補助事業として、施設の改修や実証実験等を実施致しました。

観光庁より、次年度に関する資料が届きましたので、情報を共有させて頂きます。


今後も引き続き「地域一体となった観光地の再生・観光サービスの高付加価値化」に関する情報をお伝えいたします。


posted by カモインフォ at 14:28| 補助金

宿泊旅行統計調査 令和3年12月・令和4年1月

令和3年12月の延べ宿泊者数は、3,900万人泊、2019年同月比−17.2%(前年同月比+29.8%)
令和4年1月の延べ宿泊者数は、2,986万人泊、 2019年同月比-30.0%(前年同月比+72.7%)

令和3年12月の客室稼働率は全体で47.1%
令和4年1月の客室稼働率は全体で33.9%

くわしくはこちら



posted by カモインフォ at 13:13| 統計