2020年07月07日

第37回 観光戦略実行推進会議について

令和2年6月19日、政府の第37回「観光戦略実行推進会議」が首相官邸で開かれました。
日本の観光の再生に向けた取組について、有識者からのヒアリングが行われました。
具体的な取り組み内容が下記のページからpdfファイルでご覧いただけます。

観光庁は、宿泊施設のリノベーションやサービスの高付加価値化を促す施策を探っています。

また、ポストコロナ時代の「滞在型旅行」の普及についても言及されています。
従来の旅行スタイルは「密」を作りやすい。⇒  新しい旅行スタイルを提案・普及
例)平日を含む一定期間、好きなところに滞在する。
  自然、食、文化を地元に入って体験し、学び、楽しむ。
  ワーケーション、サテライトオフィス、ブレジャー(ビジネス+レジャー)、キッズウィーク(地域ごとに学校の夏休みなどの長期休業日を分散化する)


posted by カモインフォ at 10:02| 日記

2020年07月02日

観光情報サイト「ちば旅気分」オープン!千葉日報など地元メディア3社連携

千葉県の地元メディア3社が新しい観光情報サイト「ちば旅気分」をオープンしました。

動画をメインコンテンツとして県内観光地の魅力を伝えることで、昨年の台風被害や新型コロナウイルスの影響で集客が落ち込む観光地を後押しする狙い。サイトを開設したのは千葉日報社、千葉テレビ放送、ベイエフエムの3社。新型コロナの影響で県内観光が冷え込む中、復興をサポートしようとサイトを開設されました。

「ちば旅気分」 https://chibatabi.jp/

掲載リクエスト https://monjunochie.jp/tabikibun/

(動画は、施設・観光団体が作成したものに限られます。プロモーションとして活用できます。)
posted by カモインフォ at 09:40| ニュース

2020年07月01日

宿泊旅行統計調査(令和2年4月・5月)結果 および 令和元年年間値

宿泊旅行統計調査(令和2年4月・5月)の調査結果概要

1.延べ宿泊者数
○令和2年4月の延べ宿泊者数は、 971万人泊で、前年同月比-80.9%。5月は、781万人泊で、前年同月比-84.8%であった。
○日本人延べ宿泊者数は、4月は、950万人泊で、前年同月比-75.9%。 5月は、前年同月比-81.6%であった。
○外国人延べ宿泊者数は、4月は、20万人泊で、前年同月比-98.2%。5月は、前年同月比-98.6%であった。

2.客室稼働率
○令和2年4月の客室稼働率は全体で16.3%。5月は全体で12.8%であった。


令和元年年間値(確定値)

1.延べ宿泊者数
○延べ宿泊者数(全体)は、5億9,592万人泊(前年比+10.8%)。
○日本人延べ宿泊者数は、4億8,027万人泊(前年比+8.2%)。
○外国人延べ宿泊者数は、1億1,566万人泊(前年比+22.7%)となり、調査開始以降最高となった。

2.客室稼働率
○客室稼働率は全体で62.7%であった。施設タイプ別では、ビジネスホテル(75.8%)、リゾートホテル(58.5%) 、旅館(39.6%)が、平成22年の調査対象拡充以降の最高値となった。
○客室稼働率が80%を超えた都道府県は、シティホテル6箇所(平成30年:10箇所)、ビジネスホテル4箇所(同:6箇所)、リゾートホテルは2箇所(同:2箇所)であった。
○東京都では全体の稼働率が79.5%と全国で最も高く、ビジネスホテル84.0%も全国で最も高い値となった。

posted by カモインフォ at 09:23| 日記

2020年06月30日

鴨川元気キャンペーン バナー

鴨川元気キャンペーン バナー ご活用ください。
MaebaraKaigan3.jpg

genkibnr.jpg

gotokamogawa.jpg
posted by カモインフォ at 17:06| イベント・キャンペーン

感染症対策・収益力向上・高付加価値化に取り組む宿泊施設を応援!

〜「宿泊施設アドバイザー派遣事業」の公募を開始〜

観光庁は「新しい生活様式」に対応しつつ高付加価値化・収益力向上に取り組んでいく宿泊施設を公募しています。

宿泊施設の事業継続や、感染症ガイドラインを踏まえた感染症拡大防止の取組、新たなビジネスモデルの構築等個々の課題解決に向けた”多様な分野のアドバイザー”を派遣し、事業計画作成、金融機関との調整、活用可能な補助金の申請支援等個々の状況に応じた取組を支援します。

1.公募期間
令和2年6月30日(火)〜令和2年7月30日(木)

2.対象事業・支出対象経費
宿泊施設の個々の状況に応じた取組を行うアドバイザーの派遣に必要な経費や実証事業を行うために必要な経費等を支援します。(建物等の増改築費等は除く)

[1]宿泊施設において単独で行う取組 
(1申請あたり上限10百万円、概ね15件程度)
宿泊施設の事業継続、感染防止対策、高付加価値化につながる改修プラン作成、管理システムの導入やIT化による業務効率化、「新しい生活様式」に対応した新たなビジネスモデルの構築(ワ―ケーション、食事のデリバリ―、既存資源の活用等)等

[2]宿泊施設が地域の事業者等と共同で行う取組
(1申請あたり上限15百万円、概ね5件程度)
宿泊施設が、地域内の宿泊施設や宿泊施設以外の事業者等と共同で行う取組、宿泊施設の経営統合、事業継承等により収益力向上を目指す取組等

詳細はこちらから

posted by カモインフォ at 16:23| 補助金

「日本版持続可能な観光ガイドライン」

ぴかぴか(新しい)「日本版持続可能な観光ガイドライン」

今後「住んでよし、訪れてよし」の観光地域づくりを実現するためには、観光客と地域住民双方に配慮し、総合的な観光地マネジメントを行うことが重要です。

観光庁は、国際基準に準拠した「日本版持続可能な観光ガイドライン(Japan Sustainable Tourism Standard for Destination,JSTS-D)」を開発しました。各地域において「日本版持続可能な観光ガイドライン(JSTS-D)」が最大限活用されることにより、効果的で持続可能な観光地マネジメントへの取り組みが加速することが期待されます。

「JSTS-D」の役割
@自己分析ツールとして活用
 自分の地域がどのような現状にあるのかを理解し、観光地としての強みと弱みを把握する。
 地域が目指す姿やとるべき施策を明確にする。
Aコミュニケーションツールとして活用
 地域が一体となって持続可能な観光地域づくりに取り組むきっかけとする。
Bプロモーションツールとして活用
 観光地域としてのブランド化、国際競争力の向上。
 国際基準に基づいて持続可能な観光の実現に取り組むこと自体が、地域の取り組みに箔をつけることにつながる。

日本版持続可能な観光ガイドライン(JSTS-D)は、観光の国際基準「GSTC-D」(Global Sustainable Tourism Criteria for Destinations)に準拠した指標となっています。

詳しくは、観光庁HPで。
posted by カモインフォ at 14:32| 観光

2020年06月23日

旅行者向け「新しい旅のエチケット」

旅行者が感染リスクを避けながら安全に旅行できるよう、旅行時に留意いただきたい事項が「新しい旅のエチケット」としてまとめられました。

・マスク着け、私も安心、周りも安心。
・旅ゆけば、何はともあれ、手洗い・消毒。
・間あけ、ゆったり並べば、気持ちもゆったり。
・楽しくも、車内のおしゃべり控えめに。
・おみやげは、あれこれ触らず目で選ぼう。
・混んでたら、今はやめて、後からゆっくり。
・握手より、笑顔で会釈の旅美人。
・おしゃべりをほどほどにして、味わうグルメ。
・間あけ、ゆったり並べば、気持ちもゆったり。
・こまめに換気、フレッシュ外気は旅のごちそう。
・毎朝の健康チェックは、おしゃれな旅の身だしなみ。

ひとりひとりの協力が、みんなの楽しい旅を守ります。


posted by カモインフォ at 13:36| 日記

主要旅行業者の旅行取扱状況速報(令和2年4月分)

主要旅行業者の旅行取扱は、新型コロナウイルスの感染拡大による旅行の延期や中止の影響で、前年同月と比べ大幅に減少しました。

海外旅行は、対前年同月比 1.7% 
外国人旅行は、対前年同月比 2.2%
国内旅行は、対前年同月比 6.4%


posted by カモインフォ at 13:28| 統計

鴨川市宿泊者限定プレミアム商品券付プランについて

「鴨川元気キャンペーン」 鴨川市宿泊者限定プレミアム商品券

宿泊施設への予約は、各宿のホームページからとなります。ホームページに予約機能のない事業者様は「カモ旅」上で予約を募ることも可能ですので、ぜひご相談ください。

鴨川観光プラットフォーム
TEL 04 7093 2461
posted by カモインフォ at 13:00| イベント・キャンペーン

2020年06月19日

「鴨川元気キャンペーン」が始まります。

鴨川市で利用できるお得なクーポンを配布する「鴨川元気キャンペーン」が実施されます。下記の2種類のクーポンが発行されます。

@ 鴨川市宿泊者限定プレミアム商品券
 販売期間:令和2年6月26日(金)〜12月31日(木)
 宿泊予約者1名につき商品券5,000円分プレゼント。
 2,500円分は宿泊費として使用可能。残り2,500円分は、市内飲食店、土産店、観光施設、体験施設、交通機関で使用可能です。
 限定 7,000セット

A 鴨川市プレミアム付商品券
 販売価格:3,000円相当の商品券を2,000円で販売(1,000円 x 3枚綴り)。
 限定 5,000セット
 市内飲食店、土産店、観光施設、体験施設、交通機関で使用可能。

現在、参加店を募集中です。

応募先:鴨川市 商工観光課
TEL 04-7093-7837

posted by カモインフォ at 16:13| Comment(0) | イベント・キャンペーン