2021年06月25日

SDGsへの貢献と持続可能な観光(サステナブル ツーリズム)の推進に向けての取組方針

日本政府観光局(JNTO)は、「SDGs への貢献と持続可能な観光(サステナブル・ツーリズム)の推進に係る取組方針」を策定しました。

観光が、これまで以上にその生み出す負荷や悪影響を最小化する形で回復し、またポスト・コロナにおいて「旅行者から選ばれる観光地」となるため、地域全体で環境の保全や伝統・文化の保存・継承等につながる旅行、サステナブル・ツーリズムを推進することが求められる時代が来ています。

日本政府観光局が考える持続可能な観光(サステナブル・ツーリズム)
@ 地域の「環境」を守る・育む
環境負荷に配慮した観光コンテンツなど環境資源を最適な形で観光に活用している事例を情報発信し、自然や生物多様性の保全等に貢献します。
A 地域の「文化」を守る・育む
日本が古来育んできた地域の有形無形の伝統・文化資産等を魅力ある形で海外に発信し、外国人旅行者による体験等を通じて、その保存・継承に貢献します。
B 地域の「経済」を守る・育む
特定の地域や時期に偏ることなく日本全国各地への外国人旅行者の安定した誘客・滞在を目指すとともに、地域ならではの体験や特産品等の購入を促進することで、地域経済の活性化と安定的且つ長期的な雇用を創出し、住んで良し・訪れて良しの地域づくりに貢献します。

責任ある観光(レスポンシブル・ツーリズム)の推進
旅行者が訪れる訪問地の自然や生態系に配慮し、その土地の慣習、マナー、地域住民の生活等を尊重した行動をとることは、環境保全や伝統・文化の保護、混雑の緩和等につながり、地域の持続可能性の確保につながります。また、新型コロナウイルスの発生以降、旅行者を受け入れる地域や観光関連事業者が感染症対策を講じることに加え、旅行者自身にも移動や食事等の観光の各場面において感染リスクを避ける行動が求められています。情報発信活動により、旅行者に対し責任ある旅行者としての行動を奨励していきます。

ユニバーサル・ツーリズムの推進
人種や国籍、民族や宗教、ジェンダーや年齢、障害の有無等に関係なく全ての旅行者が、日本において快適で安全・安心な旅行ができるよう、ユニバーサル・ツーリズムを推進します。

くわしくはこちらをご覧ください。
posted by カモインフォ at 10:39| Comment(0) | 観光
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: