2021年03月17日

観光客の皆様に好評の「カモ旅プラス」2021年度も発行いたします

「カモ旅プラス」は、市内事業者様の集客のお手伝いをします。

宿泊施設、飲食店、観光施設などで広く配布。
観光のお客様に”直接”手渡される機会が多いことも強みです。
情報が溢れ、埋もれてしまいがちな広告も、人から人へリアルに手渡されることにより、目にとまる可能性が飛躍的に高まります。

また、今年から「カモ旅プラス」サイトを立ち上げ、ネット上での展開もスタートいたしました。

紙媒体でもネット上でも、お店の魅力をアピールできます。ぜひ掲載をご検討ください。

年間発行数:67,000部
発行時期:夏号、秋号、春号の3回
配布場所:市内観光施設、宿泊施設、飲食店、土産店、イベントプロモーション、
     イオン鴨川店、安房鴨川駅、ペリエ千葉(JR千葉駅)
A2サイズ/A4三つ折りサイズ仕上げ
広告サイズ:42mm x 90mm

いつでもお申込みいただけます。ご不明な点はお気軽にお問合せください。
2021spring.jpg


問い合わせ先:鴨川観光プラットフォーム梶@日渡、松本、田村
TEL 04 7093 2461
posted by カモインフォ at 13:52| ニュース

2020年12月09日

「ディスカバー千葉宿泊者優待キャンペーン」の宿泊優待券が転売される事案が発生しました

2020.12.04「ディスカバー千葉宿泊者優待キャンペーン」の宿泊優待券が転売される事案が発生しました。

大手フリーマーケットサイトで、ディスカバー千葉キャンペーンの宿泊優待券が転売される事案が発生し、転売された優待券(No.12091、No.14188、No.37762、No.109018、No.2383、No.45451)が失効となりました。

「ディスカバー千葉宿泊者優待キャンペーン」では転売・譲渡は禁止です。
当選者ご本人が宿泊する場合を除いて、キャッシュバックを受けることは出来ませんのでご注意下さい。

ディスカバー千葉宿泊者優待キャンペーンについてはこちら
posted by カモインフォ at 09:11| Comment(0) | ニュース

2020年11月09日

ディスカバー千葉キャンペーン宿泊優待券転売の事案について

大手フリーマーケットサイトでディスカバー千葉キャンペーンの宿泊優待券が転売される事案が発生し、転売された優待券(No.12091、No.14188、No.37762)が失効となりました。本キャンペーンでは転売・譲渡は禁止されています。

当選者ご本人が宿泊する場合を除いて、キャッシュバックを受けることは出来ませんのでご注意下さい。


posted by カモインフォ at 15:55| ニュース

2020年10月23日

とても便利な『多言語コミュニケーションシート』ができました!

CHIBA“おもてなし”多言語コミュニケーションシート

観光関連産業で働く方々と海外からのお客様が、日常に加え、様々な場面において指差しだけで簡単に会話できるコミュニケーションシートができました。

使いたい言語やフレーズを変更し、オリジナルシートが作成できるウェブサイトも公開されています。


【1】タクシー、バス、宿泊施設、飲食施設、物販の5つのシーン別に、関係団体等の意見を取り入れた実用的な内容

【2】日常に加え、感染症対策や災害発生時にも活用できるフレーズを用意。災害による停電や通信途絶時にも活用できるよう、紙媒体で作成。

【3】ウェブサイトで、言語(英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語、タイ語)や、フレーズ(228種類)を変更して、利用状況に合うオリジナルシートを

予め作成することが可能。


※フレーズは今後も随時追加し、利用者からのリクエストも受付。


「CHIBA”おもてなし”多言語コミュニケーションシート作成システム


ぜひ、ご活用ください。手(パー)

posted by カモインフォ at 09:20| ニュース

2020年08月19日

キャンパーが取るべき感染防止策

日本オートキャンプ協会は、キャンパーやキャンプ場を対象とした「新型コロナウイルス対応ガイドライン」をまとめました。

キャンパーが取るべき感染防止策

  1. 県境をまたぐ移動については、キャンプ場のある自治体の指示に従う。
  1. 食材や消耗品などの購入は、できるだけ自宅周辺で済ませる。
  2. 出発前に検温などを行い健康状態をチェックする。
  3. キャンプ場に到着する途中(サービスエリア、観光施設など)でも3密状態(密閉・密集・密接)を避けるようにする。
  1. キャンプ場は日常生活を共にしているメンバーで利用する。
  1. キャンプ場のチェックインは代表者一人が行う。
  1. キャンプ場では運営者の指示に従い、感染防止に積極的に協力する。
  1. 管理棟、炊事場、トイレなどの屋内施設では3密状態を避けるようにする。
  1. マスクを持参し、他人との距離を十分取れない恐れがある場合に着用する。マスク着用時は熱中症リスクに注意する。
  1. 消毒用アルコールは引火の危険があるので、特に子供は消毒直後に火に近づかないよう注意する。高温になる車内には保管しない。
posted by カモインフォ at 09:50| ニュース